スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category: スポンサー広告

Final Cut Pro Xで作成したファイルをcompressor4でDVDにする方法

Final Cut Pro Xから直接、compressor4にファイルを送り、書き出すことが出来るのですが、自分のmacの環境だと、エラーがでてフリーズする頻度が高いので、面倒ですが一度movに書き出してからcompressorで変換してます。

compressor4を起動すると下の画面がでるので、DVDを作成を選ぶか
スクリーンショット 2012-06-08 15.12.jpg

画面左下の設定の中にある「ディスク作成」からDolby digitalとmpeg-2を矢印の位置にドラッグします。
あとは映像素材もドラッグでもってきて「実行」
スクリーンショット 2012-06-08 15.13_1.jpg

compressorでも簡単なDVDのメニュー画面を作成することができますがシンプルです。
メニューはこんな感じ。背景は黒か白が選べます。
スクリーンショット 2012-06-08 16.29.25.png
2パスエンコードやタイトルメニューなしで再生、チャプターがうてることなどがメリットですね。

でも、compressorでエンコードしたm2vファイルをiDVDにもっていくことは出来ないようなので、華やかなタイトルメニューをつけたいときは、Final Cut Pro Xでmovに書き出してiDVDにもっていくことになりそうです。

今後のバージョンアップでcompressorでもiDVDのようなメニューを作成できるようになって欲しいものです。



関連記事
Category: Final Cut Pro X
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。