スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category: スポンサー広告

Photoshop Elements13でGIF(ジフ)アニメを綺麗に作る方法

今日も寒かったですねぇ。

こんにちは。タキオキです。


今日のテーマは
LINEスタンプを苦労して作ったのだから、もう少し手を加えて「GIFアニメーションを作ってみる」です。



AdobeのPhotoshop Elements13というソフトを使用して、簡単で綺麗にGifアニメーションを作る方法をご紹介します。



綺麗にというのは、このようなノイズが入らないよう、回避方法についても書いておきます

o0328029413241306669.jpg




それではまず、Gifアニメーションを作るには、複数の画像ファイルを用意します。

o0370032013241305572.jpg
o0370032013241305571.jpg


今回は、LINEスタンプで使用した画像に少し手を加えて、手と口、そして目をいじって、2枚の画像でアニメーションを作ってみました。



o0800047113241305574.jpg


ファイルメニュー→開く。ここでは、透過処理されたPNGファイルを使っています。



ファイルを開くと、画面右のほうにレイヤーが追加されます。



o0800050813241305573.jpg



次に、ファイル→配置を選択。

2枚目のファイルを選択します。



o0800032913241306670.jpg


先ほどの、レイヤーの下に新しくレイヤーが増えると思います。



o0753056713241306671.jpg


ファイルからWeb用に保存を選択。



o0800044213241306672.jpg


透過されたGIFアニメーションを作りたいときは、透明部分にチェックを入れる。



ここが大事!

「誤差拡散法透明ディザ」を選択。これを選択しないと透明部分にノイズが入ってしまうようです。

アニメーションにチェックを入れる。



ループオプションで、アニメーションの再生方法を選択。ループして再生させたい時は無限を選ぶ。(再生回数を任意で選ぶこともできます)



フレームディレイというところでは、コマの再生速度を調整することができます。



そして完成したのが、こちら。

o0370032013241314604.gif


少し大変ですが、できあがると嬉しいですよ♪



最後まで、読んで頂いてありがとうございました。


関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。